COUS医療費助成パッケージクラウド

COUS福祉給付

COUS福祉給付

乳幼児医療、ひとり親医療、障害者福祉、高額療養費といった市町村向けの医療費助成業務を総合管理します。

市町村の住民情報システムとの連携により、事務処理の効率化を実現、市町村における医療費助成業務をご支援いたします。

システム概要図

システム概要図

特長

窓口と事務処理を意識したシステム展開
  • 窓口業務(申請受付・証発行)と事務処理(資格判定、支給処理、統計処理等)を意識したメニュー展開となっており円滑なシステム運用が行えます。
業務間を統一した資格判定機能
  • 他の医療費助成に登録されている資格情報と住民情報を参照する事で、総合的な資格判定を行います。
住民情報システム連携
  • 住民情報システムから、給付申請者の基本情報・税情報を取り込み、所得制限などの判断に利用できます。
  • 住民情報以外にも計算やチェックに必要なデータの連携が行えます。
    ■レセプト情報を取り込み、高額療養費の計算時に利用
    ■被保険者マスタを取り込み保険加入のチェック
組み合わせ自由なシステム体系
  • 業務ごとのシステム単位で導入が可能です。
  • 導入後に追加する事も可能ですので、お客様の計画に合わせた段階的なシステム構築がおこなえます。

システム導入により期待される効果(メリット)

  • 窓口担当、事務担当による処理選択が容易に行え、円滑なシステム運用による業務効率化で、住民サービス向上を実現します。
  • WEB型システムの採用により、資格判定処理など年次更新処理による端末負担が無くなります。
  • 乳幼児からひとり親などへの公費移行の際、判定ミスを防ぎ、移行作業を効率化します。

画面サンプル

業務メニュー

業務メニュー
拡大する

ガイドメニュー

ガイドメニュー
拡大する

算定状況管理画面

算定状況管理画面
拡大する

申請者管理画面

申請者管理画面
拡大する

対象者情報管理画面

対象者情報管理画面
拡大する

ページの先頭へ