ソリューション・製品

気象情報自動配信オプションクラウド

気象情報自動配信オプション

住民に迅速かつ正確な気象情報を提供。

地震・津波・台風・注意報・警報・河川洪水情報などの各種気象・自然災害情報を自動的に利用者に配信いたします。

地震の震度・地域など配信レベル・条件を設定し情報を提供することが出来ます。

システム概要図

システム概要図

※このサービスは、COUS自治体メール配信のオプションです。

※気象情報は、日本気象株式会社の提供によるものです。

特長

多様な気象情報を配信

注意報・警報・地震・津波・台風・河川洪水など、さまざまな気象情報の自動配信が可能です。

自動配信機能で、管理者の負担を軽減

気象庁などから発令された情報を、適切に加工したうえで自動的に利用者に配信するサービスです。

配信条件、受信条件を選択可能

地域によっては注意報が1日に何度も発令される場合があります。地域の気象特性に合わせて適切な条件となるよう、設定を変更することができます。

東海地震情報を配信

東海地震に特化した詳細な地震情報を配信することができます。

「ASP・SaaS安全・信頼性に係わる情報開示認定制度」の認定を取得したサービスです。
情報の手動配信が可能

各種気象情報については、手動による追加・補足情報の配信も可能です。

システム導入により期待される効果(メリット)

  • 発令情報は自動的に利用者に配信されるので、管理者の負担がありません。

  • 受信した台風・地震・津波に関する情報は、PCおよび携帯電話のブラウザにて、画像イメージで参照することができます。

  • 警報・注意報の要否、地震の震度など、各種情報の配信有無やの閾値の設定が可能なため、必要な情報を簡単に選別できます。

  • 利用登録者も、受信を希望する情報を選択できます。

ページの先頭へ