ソリューション・製品

SS-MIX参照用ビューアクラウド

健康診断システム『PC-健診』

診療継続へ向けた対策を行っていますか?


医療機関においては人命救助を第一とするため、障害/災害時の診療継続、または早期復旧が求められます。 診療停止してしまった場合、社会的信用の損失や患者様の生命にも影響を及ぼします。 ハード障害、自然災害、不意の停電、トラブルによる情報損失等…診療停止を引き起こす脅威はすぐそこまで迫っているかもしれません。 問題が起こるその前に、ICCの『BCPソリューション』で対策しましょう!


ICCの『SS-MIX参照用ビューア』は障害/災害時に電子カルテシステムが使用できなくなった際の診療情報の参照を可能にすることで診療継続を支援し、医療機関様の安定した医療提供や災害医療活動の実施に貢献します。


※BCP : 事業継続計画(Business Continuity Plan)  

※本サービスはSS-MIX2標準化ストレージ形式で出力されたデータがあることが前提です。

 

システム概要図

「SS-MIX2標準データ」を活用し、過去の診療情報を参照できるビューアです。
対象となる情報はデータセンターで管理され、見たい時に見たい情報を提供できるサービスです。

 

システム概要図

特長

即効性のある対策

平常時、障害/災害時を問わず、すぐに過去の診療情報(処方、注射、検査、病名等)を参照できます。障害/災害で電子カルテシステムが使用できなくなり診療停止してしまっても、すぐに診療再開することができます。

メーカーに依存しない設計

『SS-MIX参照用ビューア』は、名前の通りSS-MIX形式で保管されたデータを利用します。そのため、電子カルテシステムのメーカーに依存することなく、診療情報を参照することができます。

※SS-MIX : 「厚生労働省電子的診療情報交換推進事業」にて、すべての医療機関を対象とした医療情報の交換・共有による医療の質の向上を目的とした標準化ストレージです。

運用に合わせた2つの参照方式

参照方式として@オフライン参照型とAクラウド参照型の2つをご用意しています。お客様のBCP対策方針に合った方式をお選びいただけます。

タブレットでの利用にも対応

インターネットVPNを用いたクラウド利用により、セキュリティを確保しつつタブレットでも利用できます。そのため、往診や災害時の避難場所での診療も行うことができます。

直観的に操作できる画面設計

シンプルな画面設計を採用しており、操作したことのない方でも直観的に操作できます。そのため、障害/災害の緊急時でもスムーズにご利用いただけます。

 

ICCのBCPソリューション

BCP対策として下記のサービスも是非ご検討ください。

 診療データの復旧に 『遠隔バックアップ』

ページの先頭へ