ソリューション・製品

CESSアクティベーションサービス 〜ライセンス認証機能 付加サービス〜クラウド

CESSアクティベーションサービス

CESSアクティベーションサービス

CESSアクティベーションサービスは、ソフトウェアの不正利用を防止する認証機能(アクティベーション)を簡単に実現することができるクラウドサービスです。認証機能を付加する方法は、実行ファイルに認証機能をラッピングする方法と アクティベーションDLL※で認証機能を組み込む方法の2種類から選択できます。

※DLL…アプリケーションの実行時に必要に応じて呼び出される機能をファイルにしたもの

特長

    2種類の方法で認証機能を追加  開発コストの抑制

    実行ファイルに認証機能をラッピングする方法と、 アクティベーションDLLをアプリケーションに組み込む方法の2種類から選択し、 認証機能を追加できます。

    アクティベーションキー認証で不正利用を防止  開発コストの抑制

    他PCでの利用や、仮想OSでの利用などソフトウェアの複製利用やライセンスの不正利用を防止します。

    スモールスタートが可能なクラウドサービス提供  開発コストの抑制

    USBやドングルなどハードウェア投資が不要で利用規模にあわせた月額課金でアクティベーションサービスを利用できます。

    柔軟な販売形態への対応  開発コストの抑制 開発コストの抑制 開発コストの抑制

    利用期限を設定した体験版提供や体験版から製品版への切り替えを行う事ができます。

    また、利用期間を設定したライセンス販売と初回だけ認証を求める売り切り形も両方に対応できます。

    オフライン環境にも対応  開発コストの抑制

    インターネットに接続していないオフライン環境でも認証可能な仕組みです。

サービス機能一覧

     機能  機能概要
     認証付加機能  完成品の実行モジュールにラッピングする、あるいはDLLをアプリケーションに
     組み込むことで、アクティベーション機能を追加します。
     アクティベーション機能  アクティベーションキーの入力を求めクラウドサーバに対してライセンス認証を行います。
     クライアント認証制御  アクティベーション結果を端末側で管理しソフトウェアの起動時に端末側だけで
     利用可否を判断して起動制御を行います。
     サーバ認証制御  アクティベーション結果をクラウド側で管理しソフトウェアの起動時に
     クラウドサーバに対して利用可否を確認し起動制御を行います。
     運用管理ツール  アカウント管理機能  運用管理ツールを利用できる利用者管理を行います。
     キー管理機能  アクティベーションに必要となるキーの登録、変更、削除やキーを発行した
     利用者の情報登録などを行います。
     キー状態管理機能  キーのアクティベーション状態の確認や利用状態の解除を行います。
     統計機能  管理しているキーの状態を統計的に確認する機能です。
     データ出力機能  管理しているキー情報を出力する機能です。

サービス概要図

システム概要図

運用の流れ

運用の流れ

動作環境

認証機能 対応OS

Windows 10 (32bit/64bit)
Windows 8.1 (32bit/64bit)
Windows 8 (32bit/64bit)
Windows 7 (32bit/64bit)
Windows Sever 2012 R2 / 2012
Windows Sever 2008 R2 / 2008

運用管理ツール 対応ブラウザ

Microsoft Edge

Internet Explorer 11
Internet Explorer 10
Internet Explorer 9

画面サンプル

登録と利用の全体状況

登録と利用の全体状況を確認
拡大する

キーの詳細情報

キーの詳細情報管理
拡大する

 

ページの先頭へ