ICCロゴ
ICCロゴ
HOME > 自治体 > COUS自治体防災情報システム

COUS自治体防災情報システム

government_product_main_img_18.jpg


概要

応急対応フェーズへの対応

・スマートフォンから現場位置・状況を即座に本部へ報告できます。
・発災直後に必要な情報収集・把握業務を支援します。

被害状況地図

・現場被害状況は専用の被害状況地図に自動登録されます。
・対策本部での電話受付、紙地図・ホワイトボードへの転記作業等にかかる時間を大幅に短縮できます。

情報共有

・被害状況地図はインターネットを通じ常に共有されています。
・庁内/外、関係者間でリアルタイムな情報共有が可能です。

現場状況報告

・現場位置情報はGPS機能で自動取得できます。
・写真機能により現場状況が可視化でき、精度の高い状況報告が可能です。

避難所状況管理

・開設/閉鎖、避難世帯数、人数を管理します。
・避難所は被害状況地図上での可視化に加え、開設/閉鎖もアイコン表示により一目で把握できます。
*オプションサービス

本部設置、避難勧告・指示状況管理

・本部設置状況を管理できます。
・地区一覧を選択するだけで避難勧告、指示が登録できます。
*オプションサービス

住民・メディアへの情報伝達

・COUS自治体メール(登録制メール)、緊急速報メール、SNSを通じ、避難所情報、避難情報を発信できます。
・Lアラートへの情報発信にも対応しており、メディアへも容易に情報伝達可能です。
*オプションサービス

県・国への報告

・消防庁 災害即報様式を自動作成できます。
*オプションサービス

各課管理地図

・防災担当課だけでなく各課でも専用地図を利用できます。
*オプションサービス


システム概要図

gaiyou_18.png




メリット

  1. 情報取集、地図登録、対応状況確認が効率的に行え、手作業で対応していた業務が大幅に短縮できます。
  2. 過去の災害対応をデータベースに蓄積することで振り返りが容易に行えます。将来の対策計画に活用できます。
  3. 災害時だけでなく、定期パトロールや不法投棄場所の把握等、日常業務でも利用できます。
  4. 住民通報情報を被害状況地図と重ねて登録できます。



導入実績・事例

平成29年10月のサービス開始以降、全国の防災担当課様より多数のお問合せをいただいております。
好評のため無料でお試しいただけるトライアルサイトの利用期間を延長しております。
詳しくはこちらまで。

bannar18.png



合わせてご検討いただきたい製品・サービス


自治体に関する製品・サービスのお問い合わせはこちら
公共システム本部

076-268-8312 まで

受付時間 平日8:40-17:35
(土・日・祝日・弊社休日を除く)