ICCロゴ
ICCロゴ
HOME > 医療 > 診療支援システム WOLF3.0

診療支援システム WOLF3.0

medical_product_main_img_20.jpg


概要

主治医意見書や医師意見書など文書作成支援機能を強化

無料版WOLFでは、主治医意見書の参照機能のみでしたが、有料版WOLFでは主治医意見書と医師意見書の作成が可能になります。
他の文書と同様に日レセのデータを利用して、文書作成をより効率的におこない、診療以外に費やす労力の省力化、患者サービスの向上を実現します。

地域医療連携や説明補助を強力に支援

患者データのテキスト(CSV)ファイル取り込みボタンを用意し、規定のフォーマットで患者情報を登録します。
他にも検査結果の取り込み時にWOLFに該当する患者情報がない場合、設定により「患者ID」「患者カナ名」「生年月日」「性別」で新規患者として登録することが可能です。

紙と併用するITで情報管理の効率化

簡易型とはいえ、病名複写によるプロブレムリストの作成、SOAP形式によるサマリの作成が可能です。
しかも、日レセデータ/検査データ/画像データを活用しながら簡単に作成することができます。

データを視覚化しインフォームド・コンセントへ

WOLFでは当プロジェクトに協力いただいている検査会社様のFD取り込み機能と検査センタとのオンライン取り込み機能を搭載しています。
院内で実施した検体検査データも入力可能です。
検査結果の素早い検索、患者向け報告書の印刷、各種グラフ表示・印刷などの機能により、診療の効率化とインフォームド・コンセントを強力に支援します。

説明を画像でフォロー、患者の満足度の向上

スキャナで取り込んだ画像を患者と関連付けて管理できます。
画像付の各種文書作成やインフォームド・コンセントにご利用いただけます。
また、画像ファイルはお手持ちのPCのディスク資源を消費しがちです。
WOLFでは、使用ディスク容量の表示、画像の圧縮レベルの設定、データベースのバックアップなどの機能で、より使いやすい参照画像データベースとなっています。


システム概要図

wolf3_02.jpg


メリット

  1. 患者属性、診療行為、処方、検査依頼内容、病名はORCAのデータと連携できます。
  2. 検査結果はMBC、SRL形式の結果FD、オンライン形式での読み込み、或いは、手入力が可能です。
  3. 血圧、身長、体重、体温は履歴登録、血液型、禁忌、アレルギー、連絡先住所、感染症も登録可能です。
  4. 画像は、DICOM・JPEGはファイル読込、スキャナはTWAIN読込可能です。


導入実績・事例

診療支援システムWOLF3.0は、全国の多くのクリニック様にご利用いただいております。

合わせてご検討いただきたい製品・サービス

医療に関する製品・サービスのお問い合わせはこちら
医療システム本部

076-268-8315 まで

受付時間 平日8:40-17:35
(土・日・祝日・弊社休日を除く)